Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍の最新鋭潜水艦が進水 来年実戦配備

記事一覧 2016.04.05 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は5日、南東部、蔚山の現代重工業で最新鋭潜水艦「洪範図」(1800トン)の進水式を行ったと明らかにした。

 進水式には鄭鎬渉(チョン・ホソプ)海軍参謀総長、現代の権五甲(クォン・オガプ)社長ら関係者が出席した。

 同艦は7番目の1800トン級潜水艦で、独立軍総司令を務めた独立運動家の洪範図(ホン・ボムド)にちなんで命名された。全長65メートル、幅6.3メートルで、最大速度は20ノット(時速37キロ)。対艦戦や対潜水艦戦、攻撃機雷敷設などの任務を行う。北朝鮮の核施設を攻撃できる射程1000キロの国産巡航ミサイル「ヘソン3」などを搭載する。

 来年7月に海軍に引き渡され、韓国領海防衛の任務に就く。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。