Go to Contents Go to Navigation

駐日韓国大使が辞任へ 関係回復の兆しに「役割終えた」

記事一覧 2016.04.06 09:38

駐日韓国大使が辞任へ 関係回復の兆しに「役割終えた」

駐日大使を任命

【東京聯合ニュース】韓国の柳興洙(ユ・フンス)駐日大使は6日、聯合ニュースの取材に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領に先ごろ辞意を伝えたと明らかにした。悪化の一途をたどっていた韓日関係が回復するための土台がつくられたため、自身の役割は終わったと判断したという。

 昨年12月に慰安婦問題の解決に向けた韓日合意が実現し、今年に入り辞意を固めたという。年初に北朝鮮が4回目の核実験を実施したため、表明が遅れたと説明した。

 柳氏は京都で小学校に通うなど幼年期を日本で過ごしたほか、韓日議員連盟の幹事長、韓日親善協会中央会の理事長を務めた「知日派」で知られる。国会議員を4期務めており、日韓議員連盟幹事長で自民党の河村建夫元官房長官ら日本政界に太いパイプを持っている。駐日大使には2014年8月に就任した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。