Go to Contents Go to Navigation

[芸能]韓国映画「猟奇的な彼女」続編 製作発表会

記事一覧 2016.04.06 17:23

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「猟奇的な彼女」(2001年)の続編、「猟奇的な彼女2」の製作発表会が6日、ソウルで開かれた。

 メガホンを取ったチョ・グンシク監督は続編と前作の違いについて「新旧の調和」を挙げた。

 主人公キョヌは前作に続き俳優のチャ・テヒョンが演じた。キョヌの相手役の「彼女」はガールズグループ、f(x)(エフエックス)のビクトリアが務めた。

 日本人女優の藤井美菜がキョヌに片思いをする女性を演じたほか、俳優のペ・ソンウがキョヌの会社の同僚役で登場し、コミカルな演技を見せる。

 「猟奇的な彼女2」は前作のその後を描いている。キョヌは幼いころの初恋の彼女と結婚し、猟奇的な新婚生活を送っている。

 チャ・テヒョンはキョヌについて「前は普通の学生だったが、今回は普通の社会人であり夫」と紹介した。彼女からたたかれる男という設定は前作と変わらない。

 ビクトリアは中国国籍だが、せりふの99%を韓国語で話した。チョ監督からは中国語を混ぜてもかまわないと言われたが、「韓国のファンに見せたい」と韓国語での演技にこだわった。

  ビクトリアは「前作があまりにも有名なのでプレッシャーがあったが、私の役は新しい役であり、監督や先輩方が助けてくれたので自信を持って楽に演じた」と振り返った。

 「猟奇的な彼女」は韓国で2001年に公開され488万人の観客を動員し、「猟奇シンドローム」を巻き起こしたほどの人気作。「猟奇的な彼女2」が前作同様のヒットを記録できるかに注目が集まっている。

 22日に中国、来月に韓国で公開される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。