Go to Contents Go to Navigation

辛ラーメンの韓国・農心 日本で1~3月売り上げ23%増

記事一覧 2016.04.12 11:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手食品メーカー、農心の日本法人の業績が好調だ。主力製品の即席麺「辛ラーメン」を中心に売り上げを伸ばしている。

 農心は12日、日本法人の1~3月期の売上高が900万ドル(約9億7200万円)になり前年同期比22.6%増加したと発表した。海外法人の中では最も高い伸び率。円安などで韓国食品の対日輸出が減少し始めた2012年以来の高水準となった。

 辛ラーメンは1987年に対日輸出が始まった。2010年に4月10日を「辛ラーメンの日」と定め、2013年から試食宣伝用の「辛ラーメンキッチンカー」を主要都市に走らせている。これまで開いた試食イベントは約150回、移動距離は10万キロに上る。今年も九州からスタートし、広島、大阪、名古屋、東京などを回り、6月末には青森に移動する計画だ。

 また、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスと連携したキャンペーンにも乗り出した。

 同社関係者は「(インスタント)ラーメンの元祖、日本でブランドが定着することは非常に意味がある」と話した。マーケティングを強化してさらにブランドの知名度を高め、日本市場で第2の飛躍を目指すという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。