Go to Contents Go to Navigation

カンヌ映画祭の長編コンペ部門 パク・チャヌク作品が出品へ

記事一覧 2016.04.14 21:20

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭の主催団体は14日、フランスで来月11日に開幕する同映画祭で最高賞「パルムドール」を競う長編コンペティション部門の出品作を発表し、韓国のパク・チャヌク監督の「お嬢さん(アガシ)」(原題)が選ばれた。

 同映画祭の長編コンペティション部門に韓国作品が出品されるのは2012年のイム・サンス監督による「蜜の味~テイスト・オブ・マネー~」以来となる。

 「お嬢さん」は1930年代の韓国と日本を背景に、莫大な財産を相続することになった貴族のお嬢さん(キム・ミニ)と、その財産を狙う伯爵(ハ・ジョンウ)、伯爵に雇われてお嬢さんに仕える少女(キム・テリ)らが繰り広げるストーリー。

 ◇長編コンペ部門以外にも韓国作品

 また「チェイサー」(2008年)、「哀しき獣」(2010年)のナ・ホンジン監督による6年ぶりの新作「哭声」(原題)は非コンペティション部門に出品される。ナ監督のデビュー作「チェイサー」はカンヌ映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門に招待され、「哀しき獣」は独自性の強い作品が対象の「ある視点」部門に招待された。これでナ監督は自身の3作品全てがカンヌで上映されることになった。

 ヨン・サンホ監督の「釜山行き」(原題)もミッドナイト・スクリーニング部門の招待作品に選ばれた。

 今年69回目のカンヌ国際映画祭は来月22日まで開かれる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。