Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の支持率が就任後最低 総選挙後31.5%に急落

記事一覧 2016.04.18 09:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターは18日、与党セヌリ党が惨敗した国会議員総選挙後の14~15日に実施した世論調査の結果、 朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が前週より8.1ポイント下落し31.5%になったと発表した。同社は朴大統領の就任後約3年2カ月間実施してきた週間集計で最も低い数字だとした。

 これまでの最低は朴大統領の元側近が国政に介入したとの疑惑や当時、セヌリ党の院内代表だった劉承ミン(ユ・スンミン)氏と青瓦台(大統領府)の対立などが表面化した2015年2月の第1週の31.8%だった。

 朴大統領の不支持率は前回より7.8ポイント上昇の62.3%となり、最も高かった15年2月の第1週と同水準となった。支持率と不支持率の差は30.8ポイントで、就任後、最も大きくなった。

 同社は「(支持地盤の)大邱・慶尚北道、60代以上、保守層で大きく下落するなど、ほとんどの地域、年齢、理念層で支持しない動きが急速に進んだ」と分析した。

 政党の支持率は最大野党「共に民主党」が30.4%となり、初めて首位に浮上した。第3党の「国民の党」もこれまでで最も高い23.9%に急上昇。セヌリ党は7.3ポイント下落の27.5%となり、2位に転落した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。