Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 ロケット砲300門を追加配備=ソウルも射程内

記事一覧 2016.04.24 10:01

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が軍事境界線の北側に新型のロケット砲約300門を新たに配備したことが24日、韓国政府筋の話で分かった。軍事専門家は韓国にとって急務なのは、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備よりも境界線付近に大量に配備されている長距離砲やロケット砲に対応できる手段を確保することだと指摘している。

 複数の韓国の政府消息筋は、北朝鮮軍が2014年から境界線付近の連隊級部隊に口径122ミリの新型ロケット砲を配備し始め、これまでに計約300門を配備したと明らかにした。122ミリロケット砲の射程は約40キロに達するという。韓国と米国の軍と情報当局が共同で分析を行った結果とされる。

 122ミリロケット砲は発射管が30個と40個の2種類があり、30個のロケット砲300門を同時に発射すると約9000発が韓国の領土に落下する。新型は2010年の延坪島砲撃事件の際に使われたものより砲身が長くなり、射程も約2倍となった。

 北朝鮮の開城近くで発射する場合、ソウル近郊の京畿道北部やソウル市内の青瓦台(大統領府)付近、仁川の松島まで射程に入る。韓国軍は北朝鮮が多数を殺傷できる兵器を境界線付近に追加配備する可能性が高いと分析している。

 北朝鮮はすでに口径170ミリの自走砲(射程53キロ)や口径240ミリのロケット砲(同64キロ)など長距離砲約330門を境界線付近に配備している。新型122ミリロケット砲の配備により、境界線の北側には600門を超える長距離砲とロケット砲が置かれていることになる。

 射程が200キロに上る口径300ミリの新型ロケット砲も近く実戦配備される見通しだ。韓国の陸海空軍本部がある鶏竜台や西部の群山にある米軍基地まで射程に入る。

 韓国の政府筋は「北が最前線地域に配備したロケット砲を発射する場合、砲弾を撃破できる兵器を持っていない」として、「無力化するためには発射前に攻撃するしかない」と説明した。

 韓国軍関係者は「ロケット砲の配備現況は情報事項のため公表できない」としながらも、「首都圏を脅かす長距離砲とロケット砲を攻撃するシステムと手段を継続的に補強しており、2017年から2021年までの国防中期計画にも補強計画が盛り込まれている」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。