Go to Contents Go to Navigation

離任控えた韓米連合司令官 同盟による警戒維持を強調

記事一覧 2016.04.25 14:39

【ソウル聯合ニュース】離任を控えたスカパロッティ在韓米軍司令官(韓米連合司令官兼務)は25日、ソウル市内の合同参謀本部で開かれた自身の歓送行事で北朝鮮の核・ミサイルの脅威が高まっているとしながら、韓米同盟による警戒態勢が維持されなければならないとの考えを示した。

 スカパロッティ氏は「韓米の戦力がこれまで共に発展させてきた作戦計画と訓練の成果は韓米同盟が最も強力な同盟であることを示すものだ」として、韓米同盟の重要性を強調した。

 スカパロッティ氏は近く開かれる離任式で韓米軍司令官(韓米連合司令官兼務)のポストをビンセント・ブルックス氏に引つ継ぎ、NATO(北大西洋条約機構)軍司令官として赴任する。

 スカパロッティ氏は2013年10月に韓米軍司令官に就任。14年6月には米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を在韓米軍に配備する必要性を公の場で提起した。

 今年初めに北朝鮮が4回目の核実験を強行した直後には、韓国政府にTHAAD配備をめぐる協議を正式に要請するなど、THAADの韓国配備に関する議論を主導した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。