Go to Contents Go to Navigation

来月の北朝鮮党大会 中国が高官派遣しない可能性も

記事一覧 2016.04.27 14:02

【北京聯合ニュース】北朝鮮が来月6日に朝鮮労働党大会を開催すると正式に発表したものの、中国が代表団を派遣するかどうかはいまだに把握されていない。

 中朝関係に詳しい消息筋は27日、これまでの動向を踏まえると中国が北朝鮮に共産党政治局常務委員などの高官を含む代表団を派遣する可能性は高くないと伝えた。

 北朝鮮が4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を強行したことに中国が厳しい姿勢で臨んだことで、双方の関係はいつになく冷え込んでいるとみられる。

 中国・北京の北朝鮮消息筋は、このほど米ニューヨークで開かれた国連の会合に参加した北朝鮮の李洙ヨン(リ・スヨン)外相が帰国途中に北京で中国当局者と接触した可能性について、「今は全くそういう雰囲気ではない」と否定した。

 別の外交消息筋は「今のところ、こちら側(中国)に(党大会への)招待は来ていないと承知している」と話した。

 北朝鮮が近く5回目の核実験を行うのではないかという観測が出ていることも、中国当局に大きな負担となっているという見方もある。

 同消息筋は、中国としても北朝鮮が5回目の核実験を行えば、4回目の核実験のときよりもさらに厳しい姿勢で臨まなければならないとする韓国や米国など国際社会の要求に反対するのは難しくなると説明した。

 党大会まで10日もないが、中国が代表団を派遣する可能性は依然として残っている。

 昨年10月の朝鮮労働党創建70周年記念行事の際、中国は共産党序列5位の劉雲山政治局常務委員を団長とする代表団の訪朝計画を行事の6日前に発表した。

 その際、北朝鮮が中国を行事に招待したという動きは外部からは一切捉えられなかった。

 朝鮮労働党大会は金正恩(キム・ジョンウン)体制で初めて、1980年10月以来、36年ぶりに開かれる。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。