Go to Contents Go to Navigation

韓国外相が安保会議のため中国へ 中ロと北朝鮮核問題を協議

記事一覧 2016.04.27 15:46

韓国外相が安保会議のため中国へ 中ロと北朝鮮核問題を協議

韓国外相 訪中へ

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が27日、アジア信頼醸成措置会議(CICA)の外相会議に出席するため中国・北京に向かった。

 CICAはアジア地域の安全保障をめぐる問題を話し合う会議で、中国やロシアが主導する。26カ国・地域が加盟しており、米国、日本はオブザーバーとして参加している。

 韓国は2006年に加盟したが、外交部長官が外相会議に出席するのは初めて。米国の入っていない地域協議体で安全保障問題を話し合うことへの負担などから、これまで積極的に関わってこなかったとされる。

韓米宇宙協力協定に署名

 尹長官はこの日、出国に先立ち聯合ニュースの取材に応じ、「北の核、ミサイルの脅威がいつになく強まっているなか、かつて北と非常に良好な関係にあった国々が出席する会議で(脅威の)重大さをあらためて確認し、支持を得ることが重要だ」と、外相会議に初参加する意味を説明した。28日に基調演説を行う。

 また、27日に中国の王毅外相、28日にはロシアのラブロフ外相とそれぞれ個別会談を予定している。尹長官は、北朝鮮のさらなる挑発を抑え込むため、両外相と「踏み込んだ議論をするつもりだ」と伝えた。

 韓国政府は北朝鮮の核、ミサイル脅威に関する内容をCICA会議の結果をまとめた文書に盛り込むため、働きかけているとされる。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。