Go to Contents Go to Navigation

韓米が新技術を共同開発へ 人工知能でサイバーテロ防止

記事一覧 2016.05.02 15:06

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は人工知能(AI)がハッキングのリスクを感知しサイバーテロを未然に防ぐ最先端技術の共同開発を推進する。

 韓国未来創造科学部の崔在裕(チェ・ジェユ)次官は2日、京畿道・果川の政府庁舎で米国土安全保障省のブラザーズ次官とこうした内容を盛り込んだ共同声明を発表した。

 両国は予算を半分ずつ負担してAIを用いたセキュリティー技術の共同研究を進め、R&D(研究・開発)の詳細を協議していくことで合意した。

 サイバーテロの脅威に関する情報を共有し、インターネットセキュリティーをめぐり企業などとの協力を拡大する方策も議論する予定だ。

 これに先立ち、韓国政府は2013年と15年に米国とICT(情報通信技術)政策フォーラムを開催した。

 また、3月には崔次官が訪米しサイバーセキュリティーのR&D予算について協議した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。