Go to Contents Go to Navigation

釜山訪問の日本人観光客 急性心疾患で死亡

記事一覧 2016.05.03 08:27

【釜山聯合ニュース】釜山を訪れていた日本人観光客が2日午後、急性心疾患で亡くなった。

 警察などによると、死亡したのは観光のため釜山を訪れた80代の日本人女性。2日午後1時すぎ、釜山の国際クルーズターミナルの駐車場で観光バスに搭乗した直後に、胸の痛みを訴えたという。旅行ガイドが119番通報をして病院に搬送されたが、治療中に死亡した。急性心疾患が原因とみられるという。

 女性は先月30日に横浜港を出発した大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(15万5000トン)で、2日午後1時ごろ釜山に着いた。

 警察は日本領事館に連絡するとともに、詳しい原因を調べている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。