Go to Contents Go to Navigation

ソウル市内の紅参スパ 日本人観光客らに人気

記事一覧 2016.05.06 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪れる外国人観光客の間で、韓国の健康機能食品の代表とされる紅参(高麗人参を蒸して乾燥させたもの)を使ったスパが人気を呼んでいる。

 紅参製品の製造販売大手、KGC人参公社は6日、ソウル市内の2カ所で運営する「正官庄スパG」の来店者数が昨年1万人を超えたと明らかにした。売上高の70%以上を外国人が占めており、このうち80%が日本人、残りは中華圏だ。

 正官庄スパGは疲労回復と免疫力増進の効果を持つ紅参を活用した施設で、公社が管理・栽培した6年根の紅参を体験できるという。2011年9月にソウル市南部の大峙洞、13年6月に市中心部の明洞にオープンした。

 公社の関係者は「開業当初、日本人観光客を中心に口コミで評判が広がり、海外メディアに韓国の異色のスパとして取り上げられた。最近は中国人客が増加傾向にある」と話す。当局の食品医薬品安全処から認められた効能以外に、アトピー改善や保湿、抜け毛防止などにも役立つという研究結果が出たことでさらに人気を呼んだ。韓国人の間でも親へのプレゼントにしたり、肌の手入れに関心の高い男性が利用したりするケースが増えているという。

 正官庄スパGでは「紅参テラピー」や全身をマッサージすることで血液循環を促進する紅参スパ、紅参液の全身パック、フットスパ、ヘッドスパを受けられる。予約制で料金は9万ウォン(約8200円)台から50万ウォン台まで。予約は日本語ページもあるホームページ(http://www.spag.kr/sp/main/main_idx.php)で可能。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。