Go to Contents Go to Navigation

BIGBANG事務所周辺を韓流観光地に=ソウル・麻浦区

記事一覧 2016.05.06 15:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手芸能プロダクション、YGエンターテインメント(ソウル市麻浦区)の社屋周辺が韓流観光の中心地として造成される。

 同区は6日、YGの社屋がある合井洞一帯を複合観光空間に造成するため同社と業務提携契約を結んだと明らかにした。

 契約には観光客向けのYGラウンジの新築、YGスタースクエア(広場)の造成、文化イベントの開催などが盛り込まれている。

 また、双方はYGの社屋を麻浦区のランドマークにすることを目指すほか、麻浦観光の活性化に向け相互協力を推進することで一致した。

 YGは1996年に創立されBIGBANGや2NE1(トゥエニィワン)など、韓国を代表するアーティストが多く所属している。

 YG社屋にはアーティストをひと目見ようと海外からも多くのファンが訪れている。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。