Go to Contents Go to Navigation

金第1書記の発言 「非核化しないとの意味」=韓国当局者

記事一覧 2016.05.08 11:43

金第1書記の発言 「非核化しないとの意味」=韓国当局者

朝鮮労働党大会 2日目
朝鮮労働党大会2日目
メガネとスーツ姿で

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府当局者は8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が第7回朝鮮労働党大会で、「責任ある核保有国」として「世界の非核化を実現するため努力する」と発言したことについて、「非核化しないという意味」と説明し、「全世界が核を放棄すれば北も放棄するということ」と述べ、事実上、非核化を拒否した言及との見方を示した。

 北朝鮮メディアが報じた金第1書記の事業総括報告に関しては、「核分野でこれといった肯定的なメッセージがない。核保有国として認めるよう求めている北の既存の立場に変化はない」と分析した。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞などによると、金第1書記は事業総括報告で、「共和国(北朝鮮)は責任ある核保有国」と宣言し、「侵略的な敵対勢力が核を用いてわれわれの自主権を侵害しない限り、すでに公にしているように先に核兵器を使用することはない」と表明。「核伝播防止(核拡散防止)の義務を誠実に履行し、世界の非核化を実現するため努力する」と述べた。

第7回党大会

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。