Go to Contents Go to Navigation

韓米日など6カ国 5月末から潜水艦救助訓練

記事一覧 2016.05.10 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国、日本を含む6カ国の海軍が5月25日から来月3日まで韓国・鎮海と済州島の沖合で「西太平洋潜水艦救難訓練」を実施する。韓国海軍が10日、明らかにした。

 韓国海軍主催の同訓練には韓米日のほか、オーストラリア、シンガポール、マレーシアの潜水艦と救助戦力が参加する。中国、ロシアを含む12カ国はオブザーバーとして立ち会う。

 参加国は潜水艦が遭難したことを想定し、潜水艦を探索して深海救難艇(DSRV)や深海救助モジュール(PRM)などで乗組員を救助する実戦的な訓練を行う。

 訓練を通じ潜水艦の遭難事故が発生した際に、共通の救助手順を身に付けスムーズな情報交換や意思疎通により人命を救助する能力を養う。

 今年2月に完成した済州島の海軍基地に外国の艦艇が初めて入港することになる。

 西太平洋潜水艦救難訓練は2000年に初めてシンガポールで実施され、07年からは3年に1度、持ち回りで開催されている。韓国は04年にも訓練を主催した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。