Go to Contents Go to Navigation

新体操の孫延在 アジア選手権で全4種目制覇

記事一覧 2016.05.10 20:23

新体操の孫延在 アジア選手権で全4種目制覇

新体操の孫延在 アジア選手権3連覇

【ソウル聯合ニュース】新体操のアジア選手権は10日(現地時間)、ウズベキスタン・タシケントで個人種目別決勝が行われ、韓国の孫延在(ソン・ヨンジェ、延世大)がリボン、フープ、ボール、クラブの4種目すべてで金メダルを獲得した。

W杯終え帰国 五輪に手ごたえも
W杯の2種目で自己ベスト メダル三つ

 リボンは18.700点、フープとボールはそれぞれ18.600点、クラブは18.550点を記録した。

 孫は前日行われた個人総合では73.750点をマークし優勝。2013年と昨年に続き個人総合3連覇を達成した。

孫延在 銀メダルで今季スタート

 孫は12年ロンドン五輪では韓国人選手初の決勝進出を果たし、個人総合5位に入った。8月のリオデジャネイロ五輪ではメダル獲得を目指す。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。