Go to Contents Go to Navigation

韓国空軍 国産練習機KT100を実戦配備

記事一覧 2016.05.11 18:52

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍は11日、空軍士官学校第55教育飛行戦隊で操縦士の飛行入門過程で使用する国産練習機KT100の戦力化行事を開催したと明らかにした。

 行事は同機を生産した韓国航空宇宙産業(KAI)から1、2号機が引き渡されるのを記念して開かれた。

 KT100は最大速度が時速304キロ、航続距離は1761キロ、重量は1633キロに達する。最大4人が搭乗できる。

 昨年10月に初めて飛行テストに成功した同機が戦力化されたことで、空軍は操縦士飛行入門、基本、高等の全過程で国産練習機を使用することになった。

 空軍は年末までに同機を約20機導入して教官を養成し、来年から同機を操縦士飛行入門過程で使用する計画だ。

 空軍は、これまで飛行入門過程で使っていたロシア製の練習機T103に代わりKT100を導入することは韓国航空産業の育成と雇用創出、防衛産業輸出基盤の拡充にも寄与すると説明した。

 KAIはKT100の量産に伴う輸入代替効果を約150億ウォン(約13億9400万円)と推計している。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。