Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍 次世代潜水艦の起工式開催=組み立て開始

記事一覧 2016.05.17 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は17日、南部の慶尚南道巨済市の大宇造船海洋で次世代潜水艦「張保皐3」(3000トン)の起工式を開催したと明らかにした。

 潜水艦の起工式は船体を構成するパーツを骨組みに初めてはめ込むことを記念して行われる。

 張保皐3は韓国が初めて独自に設計・建造する潜水艦だ。

 同庁は2012年に大宇造船海洋と設計および建造契約を締結した後、14年に建造に着手した。20年から24年までに張保皐3を3隻建造する計画だ。 

 この潜水艦には弾道ミサイルを発射できる六つの垂直発射管が設置される。

 韓国軍は張保皐3に射程500キロ以上の弾道ミサイルを搭載するとみられる。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。