Go to Contents Go to Navigation

兵役特例制度を廃止へ 人口急減に備え=韓国国防部

記事一覧 2016.05.17 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の関係者は17日、「(徴兵による)現役兵の志願者が不足するため現役兵志願者を対象にした兵役特例制度を廃止する計画を立てた」と明らかにした。

 兵役特例制度とは、徴兵検査の結果、現役兵として服務できる基準を満たしているが、国家競争力の向上のため、兵役の代わりに研究機関や産業団体に勤める制度。

 現役兵志願者を兵役特例要員として割り当てる制度は2023年に廃止するという。現役兵志願に該当する産業技能要員や専門研究要員の選抜規模は今年だけでそれぞれ6000人と2500人に達する。

 同部関係者は人口減少により23年には2~3万人の現役兵志願者が不足するとしながら、兵役特例要員の募集を20~22年の3年間で段階的に減らしていくと説明した。

 また、専門研究要員のような理系の兵役特例制度のみ廃止するのではなく、現役代替服務制度を全般的に削減・廃止する方針だという。

 兵役特例要員に義務警察のような転換服務要員を合わせると、現役兵志願の代替服務要員の選抜規模は今年だけで2万8000人だった。

 同部はこのほど兵役特例要員削減計画を関連機関に通知したとされる。

 ただ、人口減少に備え兵役特例要員を含む代替服務要員の削減・廃止計画を発表したのは今回が初めてではない。

 国防部は2000年代に入ってから何度か同様の計画を公開してきたが、関連機関の反対で実行できなかった。

 同部関係者は、韓国は2020年代初めから人口の急激な減少が予想されるとした上で、「兵役の志願者が不足することになるため(代替服務要員の削減・廃止は)避けられない」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。