Go to Contents Go to Navigation

米大使襲撃事件 控訴審で懲役17年求刑=韓国検察

記事一覧 2016.05.17 16:27

米大使襲撃事件 控訴審で懲役17年求刑=韓国検察

駐韓米大使 襲撃後初の公開講演

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルで昨年3月、リッパート駐韓米国大使を襲撃し負傷させたとして、殺人未遂や国家保安法違反などの罪に問われた金基宗(キム・ギジョン)被告の公判が17日、ソウル高裁であり、検察は懲役17年を求刑した。

無言のまま
徹底した捜査を約束
顔などにけが

 検察は金被告の犯行前後の行動を総合してみると、北朝鮮の主義、主張に同調して実行したとみなすべきとした上で、一審判決で「北に同調した行為とみるのは難しい」とした判断は納得がいかないと主張した。1審では国家保安法違反の罪は無罪とされ、懲役12年が言い渡された。

リッパート駐韓米大使 襲撃され顔など負傷(3月5日)

 また検察は「金被告はリッパート大使に対する犯行が偶発的だったと主張しているが凶器をあらかじめ準備した点などを考えると、意図的な犯行とみなされ、今も犯行を悔やんでいない」と指摘した。

 被告側の弁護人は殺人に対する「未必の故意」はなかったと主張。その上で、金被告がてんかんを患っていた点などを考慮してほしいと情状酌量を求めた。

 金被告は昨年9月の1審判決の後に、拘置所の刑務官を暴行した事件で追起訴され、懲役1年6カ月が加えられた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。