Go to Contents Go to Navigation

人気ゲーム「ツムツム」に盗用疑惑 LINEは否定

記事一覧 2016.05.18 14:33

【ソウル聯合ニュース】韓国のオンラインゲーム開発会社「モビアート」は18日までに、LINE(東京・渋谷)のスマートフォン向けカジュアルパズルゲーム「ディズニーツムツム」が自社のゲームを盗用したとして、法的手段も辞さないとの方針を明らかにした。

  ディズニーツムツムは2014年1月末にサービスを開始し、世界で累計5500万件のダウンロードを記録した人気ゲーム。LINEの親会社、NAVER(ネイバー)の子会社だったNHN PlayArtとディズニーが共同開発した。

 モビアートは2013年、自社が開発したゲームの日本での配信に向け、LINE側と協議を行ったが実現せず、同年末から韓国で「シェイクポップコーン」とのタイトルで配信している。

 モビアートは端末を傾けたり振ったりすることでパズルの配置を変えるプレー方法はシェイクポップコーンが最初に採用したなどとして、独自に開発したゲームをLINE側が盗用したと主張している。

 LINE側はモビアート側が配信を提案する前からディズニー側と協議を始め、主要機能の企画もほぼ完成していたとして、盗用の疑惑を否定した。また、端末を傾けたり振ったりするプレー方法については、「モバイルゲームで活用できる機能の一つにすぎない」として、「モビアートの独創的なプレー方法とみることは難しい」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。