Go to Contents Go to Navigation

VW不正で日本車に追い風? HVの販売好調=韓国

記事一覧 2016.05.22 11:14

【ソウル聯合ニュース】ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題の余波で、韓国ではドイツメーカーが圧倒的なシェアを誇るディーゼル車の販売が落ち込む一方、ハイブリッド車(HV)の人気が高まっている。HV躍進の主力は日本メーカーだ。

 韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、1~4月の輸入ディーゼル車の新規登録台数は前年同期比5.7%減の4万9753台だった。一方、輸入HVの登録は同39.8%増の3774台。輸入車全体に占めるシェアはディーゼル車が1ポイント下落の67.4%、HVが1.6ポイント上昇の5.1%となった。

 1~4月をブランド別にみると、VWは同29.6%減の8303台。VWグループのアウディも前年と比べ27.4%減らした。日本メーカーはトヨタ自動車が3.7%減ったが、ホンダは2.7%増加した。輸入車全体が前年同期比4.3%減少する中、日本メーカーは健闘している。

 特にトヨタは3月にスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」のHVと新型「プリウス」を販売。韓国でもHV普及に力を入れており、今後大きく伸びる可能性がある。

 ただ、日本車の輸入にかかわる業界関係者は「日本車にとってチャンスだが、ディーゼル車の牙城は簡単には崩せない」と慎重だ。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。