Go to Contents Go to Navigation

カンヌ映画祭出品のパク・チャヌク作品 仏での公開決定

記事一覧 2016.05.23 16:51

【ソウル聯合ニュース】22日に閉幕した第69回カンヌ国際映画祭の長編コンペティション部門に出品されたパク・チャヌク監督の「お嬢さん(アガシ)」(原題)が台湾とフランスで公開されることが決定した。配給会社のCJエンターテインメントが23日伝えた。

 台湾では6月24日に、フランスでは10月5日に封切られる。

 また6月から8月までにオーストラリア、ロシア、香港、ニュージーランドで、9~10月ごろには米国でそれぞれ封切られる見込みだ。

 「お嬢さん」は最高賞のパルムドール受賞を逃したものの、世界176カ国・地域に版権が販売され、韓国映画の最多販売記録を更新した。これまでは「スノーピアサー」の167カ国・地域への販売が最も多かった。特に欧州での関心が高く、欧州のすべての国との販売契約を結んだ。

 「お嬢さん」は1930年代の韓国と日本を背景に、巨額の財産を相続することになった貴族のお嬢さん(キム・ミニ)とその財産を狙う伯爵(ハ・ジョンウ)、伯爵と共謀してお嬢さんに仕える少女(キム・テリ)らが繰り広げる話を描いた。サラ・ウォーターズの「荊(いばら)の城」を原作とするが、人物設定や話の展開は大きく異なる。韓国では来月1日に公開される。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。