Go to Contents Go to Navigation

韓国被爆者団体「オバマ大統領は全被爆者に謝罪すべき」

記事一覧 2016.05.26 15:43

【ソウル聯合ニュース】オバマ米大統領の広島訪問を前に、韓国人被爆者らでつくる韓国原爆被害者協会などは26日、ソウルの米大使館近くで記者会見を開き、「オバマ大統領は全ての原爆犠牲者に心から謝罪しなければならない」との立場を明らかにした。

 また、オバマ大統領が広島の平和記念公園内にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」への訪問をめぐって立場を明らかにしていないことについて、「失望している」と伝えた。

 さらに、広島で被爆した韓国人の多くは強制徴用された人や生計のためにやむを得ず日本に渡った人で、被爆に対する十分な補償も受けられず韓米日政府から無視された最大の被害者だと指摘。その上で、韓国人被爆者の被害の事実を認め真相究明と賠償に取り組むようオバマ大統領に求めた。

 一方、韓国人被爆者と市民団体関係者ら10人による訪日団が26日から2泊3日の日程で日本を訪れる。オバマ大統領が訪問する27日に広島の平和公園にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑前で記者会見を行うという。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。