Go to Contents Go to Navigation

大韓航空機エンジンから煙「けが人はなし」=韓国政府

記事一覧 2016.05.27 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部関係者は27日、羽田空港で離陸滑走中だった大韓航空機の左翼エンジンから煙が出て、乗客が脱出する事故が起きたことについて、「搭乗者は全員が安全に避難し、けが人はいない」と明らかにした。

 共同通信によると、同日午後0時すぎ、離陸に向けて滑走していた羽田発ソウル行きの大韓航空機の左翼エンジンから煙が出て、搭乗客が緊急避難した。同機には乗客と乗務員を合わせ約320人が乗っていた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。