Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮組織がハッキング サイバーテロを企図=韓国当局

記事一覧 2016.05.31 16:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の個人情報犯罪政府合同捜査団は31日、北朝鮮のハッキング組織が韓国の金融情報セキュリティー会社のパソコンをハッキングして電子証明書を盗み、「コード署名」を偽造して不正プログラムを作り流布した事実が確認されたと発表した。

 コード署名はコンピューターにプログラムをインストールする前に、プログラムが信頼できるものかどうかを確認するために使われる。

 今年2月にあるITセキュリティー会社が金融情報セキュリティー会社のコード署名が付いた不正プログラムを発見したのをきっかけに捜査を進めた合同捜査団は、関連資料を詳細に分析したほか関係者などからの聴き取りを行い、不正プログラムの流布ルートを確認したという。

 捜査の結果、北朝鮮のハッキング組織は昨年11月ごろに金融情報セキュリティー会社のサーバーをハッキングし、内部資料を盗むため不正プログラムを仕掛けたことが分かった。

 合同捜査団は昨年11月末から今年1月末の間に北朝鮮のIPアドレス(ネット上の住所)が同社のサーバーに26回にわたりアクセスしたことを踏まえ、北朝鮮ハッキング組織の仕業だと判断した。

 捜査団関係者は「大手銀行などのセキュリティーを担当するこの企業が作成したプログラムを装い流布することで、国内の主要電算網をまひさせ社会的な混乱を起こそうとしたサイバーテロとみられる」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。