Go to Contents Go to Navigation

米財務省 北朝鮮を「主要な資金洗浄懸念先」に指定

記事一覧 2016.06.02 00:00

【ワシントン聯合ニュース】米財務省は1日(現地時間)、北朝鮮を主要な資金洗浄(マネーロンダリング)懸念先に指定した。

 2月に成立した北朝鮮への独自制裁法に基づいた後続措置で、北朝鮮の資金源を断つことが目的。米政府は法律制定180日以内に北朝鮮を資金洗浄懸念先に指定するかどうかを検討させていた。

 米財務省はこの日声明を通じ、初めて北朝鮮を資金洗浄懸念先に指定したと発表し、国際社会にも北朝鮮との金融取引を禁じるよう求めた。

  資金洗浄懸念先に指定されれば、米国との金融取引が禁じられるほか、中国など第3国の金融機関も北朝鮮との取引が制限される。

 今回の措置は、米国が2005年に取ったマカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連の口座を凍結する制裁措置より、強力な効果があるとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。