Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 米誌が選ぶ世界で影響力ある女性12位

記事一覧 2016.06.07 09:12

【ニューヨーク聯合ニュース】米経済誌フォーブスが6日(米東部時間)に発表した2016年版の「世界で最も影響力のある女性100人」で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が12位の評価を受けた。昨年の11位から順位を一つ下げた。政治家だけでみると4位につけている。

 フォーブスは朴大統領が世界14位の経済大国を率いる一方、北朝鮮の核実験に反対する揺るぎない姿勢を維持し、世界をリードする国からの支持を取りつけたと評価した。ただ、任期後半は厳しい状況にあり、4月の国会議員総選挙で与党の議席が過半数割れだったことにも言及した。

 首位は6年連続でドイツのメルケル首相。2位は米大統領選の民主党の候補指名獲得を目前とするクリントン前国務長官だった。

 また、韓国からはサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長女でホテル新羅社長の李富真(イ・ブジン)氏が98位に入った。前年より2ランクアップ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。