Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮労働者の問題行動は「制裁の影響」 韓国統一部

記事一覧 2016.06.08 14:46

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は8日の定例記者会見で、北朝鮮がクウェートで働いていた北朝鮮労働者をストライキを行ったなどの理由で強制送還したとする海外メディアの報道について、こうした労働者の行動は「制裁の影響ではないかと思う」と述べた。

 鄭報道官は、北朝鮮の核開発や事実上の長距離弾道ミサイル発射などの挑発に対する制裁が施行されていることに伴い、北朝鮮当局が海外労働者に厳しい対応を取っているため、ストライキなどの反動が起きているとの認識を示した。

 米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)はこれに先立ち、北朝鮮がクウェートの建設現場に派遣した労働者、数十人がストライキなどの騒動を起こしたため、北朝鮮に強制送還されたと報じた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。