Go to Contents Go to Navigation

ア太地域で葛藤を招く国は? 韓日「北朝鮮」・中国「日本」

記事一覧 2016.06.09 15:13

【ソウル聯合ニュース】アジア太平洋地域で葛藤を引き起こす国について、韓国と日本、オーストラリアは「北朝鮮」、中国は「日本」と考えていることが9日、国際世論調査で明らかになった。

 調査は、韓国の峨山政策研究院とオーストラリアのシドニー大米国研究所、日本の朝日新聞、中国の上海国際関係研究院、インドネシア戦略国際研究所が共同で世論調査機関に依頼し、昨年10月に5カ国の国民それぞれ750人を対象にオンラインで実施した。

 それによると、葛藤の要因となる国を問う質問で、韓国人の51%、日本人の50%、オーストラリア人の62%が「北朝鮮」を挙げ、中国人の56%が「日本」を挙げた。北朝鮮に続き、韓国人の22%は「日本」を、日本人の37%は「中国」をそれぞれ挙げている。

 現在、アジアで最も影響力を持つ国を問うと、韓国人の60%、日本人の48%、インドネシア人の47%が「米国」と答えた。中国人の56%、オーストラリア人の69%が「中国」とした。

 10年後については、韓国人の67%、中国人の77%、オーストラリア人の64%が、「中国」がアジアで最も影響力のある国になるとした。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。