Go to Contents Go to Navigation

「北朝鮮を核保有国と認めない」韓ロ外相会談

記事一覧 2016.06.14 00:25

【モスクワ聯合ニュース】ロシアを訪問している韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は13日(日本時間)、モスクワでラブロフ外相と会談し、北朝鮮の核問題での協力、両国間の実質的な協力拡大、北東アジア地域・国際情勢などについて協議した。両外相は北朝鮮を核保有国として認めないことをあらためて確認し、非核化に向けた両国間協力を続けていくことで合意した。

 尹長官は会談後の会見で、「双方は北の4回目核実験と弾道ミサイル発射が朝鮮半島や北東アジア地域の平和と安定はもちろん、国際社会の安保にも深刻な脅威であることを再確認した」と説明した。また、国連安全保障理事会の対北制裁決議を充実に履行していくことが重要であることを確認し、両国間の協力を一層強化していくで一致したと述べた。

 ラブロフ外相も「両国は北朝鮮が一方的に宣言した核保有国の地位を認めない」と強調。北朝鮮に対する影響力を行使するため、安保理の対北制裁を徹底的に履行していくとした。

 双方はまた、昨年に国交正常化25年を迎えた両国の戦略的協力パートナー関係が政治、経済、文化など多方面にわたり発展していると評価し、一層強化することで一致した。

 尹長官は両国首脳が韓国のユーラシア・イニシアチブ(欧州とアジアの各国間経済協力を強化して南北統一の基盤づくりを目指す構想)とロシアの新東方政策間の相乗効果を向上させることにした点を重視しながら、ロシア極東地域を中心に両国の協力潜在力を実現するための協力を強化していくことにしたと紹介した。これと関連し、韓国政府は9月にウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」に積極的に参加する予定だと説明した。

 双方は会談後、両国関係、北朝鮮の核、国連、北極、テロなどさまざまな分野が含まれた「2016~2017年両国外交部間交流計画書」に署名した。

 尹長官はこの日、サンクトペテルブルグに移動する。14日に現地で開催される「韓ロ対話政治経済コンファレンス」に出席するほか、現代自動車の工場を視察する予定。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。