Go to Contents Go to Navigation

JYJユチョン 通常通り服務先に出勤=取材には答えず

記事一覧 2016.06.15 14:25

【ソウル聯合ニュース】女性に対する性的暴行疑惑で波紋を呼んだ韓国人気グループJYJのユチョンさん(30)が15日午前、社会服務要員(兵役代替服務制度の一つ)として勤めるソウル・江南区庁に通常通り出勤した。

 ユチョンさんはマネジャー数人を伴い帽子とマスクを着けた姿で現れ、報道陣の質問には答えず足早に区庁へ入った。14日は取材陣を避けるため病欠を取っていた。

 性的暴行を受けたとしてユチョンさんを10日に告訴した20代の女性は、15日未明、これまでの主張を翻し「強制性のない性関係だった」として告訴を取り下げた。

 所属事務所はこの日、報道資料を出し「警察の捜査を経て真偽を確認する手順さえなく、韓流スターという理由で告訴された事実だけを基に実名報道された。その日から犯罪者としてのレッテルを貼られた」と訴えた。

 また「告訴状の内容が明らかになっていない状況でデマと拡大解釈が飛び交い、一日にして回復できないほどイメージが失墜し、名誉が毀損(きそん)された」とし、容疑のないことを立証するため警察から要請があれば誠実に調べに応じると伝えた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。