Go to Contents Go to Navigation

釜山地下鉄 女性専用車両を試験運用へ=韓国初

記事一覧 2016.06.16 10:32

【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山の地下鉄で女性専用車両の試験運用が始まる。妊娠中や乳幼児連れの女性に配慮し、女性を狙った犯罪も予防するという趣旨だ。ただ、男性差別だという世論の反発もあり、韓国で女性専用車両はまだ導入されていない。釜山でも実効性をめぐり論争が予想される。

 釜山交通公社は16日、釜山都市鉄道1号線で22日から通勤時間帯の午前7~9時と午後6~8時に8両編成車両のうち1車両を女性専用にすると発表した。9月19日まで試験運用し、意見を取りまとめた上で運用を見送るか施行するか方針を決める。

 公社は駅のプラットホームや車両に案内文を貼り、案内放送でも周知させる計画だ。

 韓国では女性専用車両の運用事例がない。ソウルで地下鉄を運営するソウルメトロが2007年、ソウル都市鉄道が11年に通勤時間帯に運用しようとしたが、男性に対する差別だという指摘が多く、白紙に戻った。大邱都市鉄道も13年に導入を推進したが、同じ理由で保留となった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。