Go to Contents Go to Navigation

「金正恩氏死亡説」で一時ウォン急落 安定取り戻す

記事一覧 2016.06.17 14:27

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が爆弾テロで死亡したとする説が広がり、ソウル外国為替市場が一時動揺した。

 17日のソウル外国為替市場で、このうわさが広がった午前10時47分ごろからウォンが対ドルで急落し、前日終値より6.6ウォン安の1ドル=1178ウォンをつけた。だが、デマと伝わると市場は急速に安定を取り戻した。

 死亡説は海外インターネットメディアのイースト・アジア・トリビューンが16日に報じたが、韓国国防部は「事実ではない」と金委員長の死亡を否定した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。