Go to Contents Go to Navigation

総延長4500キロ 韓国を1周する遊歩道造成へ

記事一覧 2016.06.17 15:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の海岸線と南北を隔てる非武装地帯(DMZ)沿いを結ぶ総延長約4500キロのウオーキングコース「コリア・トゥルレギル(遊歩道)」が造成される。

 政府は17日、「文化観光産業競争力強化会議」を開き、各地域の在来市場や観光名所とつながるコリア・トゥルレギルを作り、世界中から旅行者が訪れるウオーキングコースにするという目標を明らかにした。 

 コリア・トゥルレギルは東海岸のヘパランギル、DMZ地域の平和ヌリギルのほか、各地の海岸線のウオーキングコースを結んだ全国規模の道。

 政府はコリア・トゥルレギルの造成を各地域の住民、歴史や地理の専門家が参加する国民参加型プロジェクトとし、民間中心に推進委員会を設ける方針だ。コリア・トゥルレギルにより年間550万人の訪問、7200億ウォン(約640億円)の経済効果を期待している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。