Go to Contents Go to Navigation

「ISテロ対象に韓国の国民と米軍基地も」=韓国情報機関

記事一覧 2016.06.19 14:05

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関、国家情報院(国情院)は19日、過激派組織「イスラム国」(IS)が韓国内の米空軍施設と韓国国民をテロ対象に挙げ、施設の位置や個人情報などをメッセージ送受信アプリで公開し、テロをあおったことが確認されたと発表した。

 国情院の報道資料によると、ISは独自のハッカー組織を通じ入手した世界各地の米空軍基地や21カ国の民間人の個人情報をメッセージアプリ「テレグラム」を通じ流布しテロをあおった。

 韓国の場合、ソウル近郊の烏山などの米空軍基地のグーグル衛星地図と詳細座標、ホームページのほか、韓国福祉団体の職員1人の名前や電子メール、住所などが公開された。

 国情院は「万が一のテロの可能性に備え、在韓米軍と軍、警察などに関連内容を伝えており、個人情報が公開された職員は警察が身辺保護措置を取る予定」と説明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。