Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 ISテロの可能性に「徹底した備えを」

記事一覧 2016.06.20 14:24

【ソウル聯合ニュース】過激派組織「イスラム国」(IS)が韓国内の米空軍施設と韓国国民をテロ対象に挙げたとされることについて、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相は20日の幹部会議で、「実際の脅威につながらないよう、徹底した備えが必要だ」と強調した。

 黄首相は、ISからテロ対象施設とされた韓国西部の群山とソウル郊外の烏山にある米空軍基地の警戒を強化するとともに、韓国に駐留する在韓米軍の施設や外国の公館などの施設もテロへの備えを点検する必要があると述べた。

 テロ対象に挙げられた韓国国民の保護も強化する。テロの脅威を断つために、国務総理室の対テロセンターを中心に関係機関が万全を期さなければならないとした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。