Go to Contents Go to Navigation

新空港建設案また白紙に 「金海空港拡張が最適」=韓国

記事一覧 2016.06.21 17:08

【世宗聯合ニュース】韓国南東部の慶尚地域に新空港を建設する計画が再び白紙に戻され、釜山の金海空港を拡張する代案が提示された。

 新空港建設の妥当性を検証してきた国土交通部などは21日、現在の金海空港を拡張することが最適だとする結論に至ったと発表した。

 同部は、金海空港を単に補強するのではなく滑走路、ターミナルなどの空港施設を大々的に新設するほか、空港へのアクセス方法も改善するプランが検証結果に盛り込まれたと伝えた。

 また、金海空港の大幅な拡張により慶尚地域の航空需要に十分に対応できるのはもちろん、より便利に利用できるようになるため金海空港が地域の拠点空港としての役割を果たしていくのに不足はないと判断したという。

 慶尚地域の新空港建設は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2006年から具体的に論じられるようになったが、李明博(イ・ミョンバク)前大統領は負担が大きいことを理由に断念を決めた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。