Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮による拉致可能性を懸念 「諜報入手」=朴大統領

記事一覧 2016.06.21 16:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日の閣議で、国際テロ組織と関わった北朝鮮によるテロの可能性が懸念されるとして、警戒感を示した。

 朴大統領は「北がわが国民を対象にした拉致テロを企てているとの諜報を次々に入手している」と指摘。「ISIL(イラク・レバントのイスラム国、ISの別称)が在韓米軍施設2カ所と国民1人をテロの対象とし、(テロを)扇動したことが明らかになっている」として、「ここ数年間、国内に滞在していた外国人数人がISILに加担し、テロ団体を支持する外国人約50人が国内で摘発されるなど、韓国ももうテロの安全地帯ではない」と述べた。

 その上で、テロは未然に防ぐことが重要だと指摘。6月4日に発足した国務総理室の対テロセンターを中心に韓国で起こり得るテロの対応策を事前に準備し、当局の訓練体系を徹底して点検しなければならないと強調した。

 また、情報通信システムを対象にした北朝鮮のサイバー攻撃が増加しているとして、関係機関に対し、探知・予防のための対策づくりを指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。