Go to Contents Go to Navigation

北の最高人民会議 韓国「正恩氏の唯一指導体系へ権力固め」

記事一覧 2016.06.23 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は23日、北朝鮮が29日に開く最高人民会議(国会に相当)第13期第4回会議で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「唯一領導(指導)体系」構築に向けた権力構造の完備が図られるとの分析を示した。

 同部によると、最高人民会議では5月初めの党大会での決定を受けた国家機関の組織変更や人事、憲法改正、法律の制定と改正、党大会で示した課題の具体化などが行われる見通しだ。

 特に、党大会で金正恩氏が新設の党最高ポスト「党委員長」に推戴されたことから、最高人民会議で同氏の「国防委員会第1委員長」という国家機関における肩書きが変更される可能性もあるという。

 金正恩氏は2012年4月11日の党代表者会で党第1書記となり、直後の最高人民会議で新設の国防委員会第1委員長に就任した。

 北朝鮮はこれまで、党大会後に組織や人事、政策を行政的に下支えするため最高人民会議を開いてきた。だが、実際には主要政策に関する立法、執行、統制権は党が握っており、最高人民会議はこれを形式的に追認する場となっている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。