Go to Contents Go to Navigation

韓中日3カ国 27日からソウルでFTA第10回会合

記事一覧 2016.06.26 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国、日本の3カ国は27~28日、ソウルで自由貿易協定(FTA)交渉の第10回首席会合を開く。韓国産業通商資源部が26日発表した。

 会合には韓国の金学道(キム・ハクド)産業通商資源部通商交渉室長、中国の王受文・商務次官、日本の片上慶一・外務審議官がそれぞれ首席代表として出席する。

 4月にソウルで開かれた実務交渉を踏まえ、商品やサービスなど主要市場の自由化方式、協定の対象・範囲などについて議論する見通しだ。

 3カ国は2012年11月に交渉開始を宣言。包括的で高い水準の協定を目指し、交渉を続けている。

 商品やサービス、投資だけでなく、原産地や通関、貿易規制、衛生植物検疫措置(SPS)、貿易の技術的障害(TBT)、 知的財産権、電子商取引、環境など多様な分野で議論を行っている。

 昨年11月に開催された3カ国首脳会談では高い水準の相互互恵的なFTA締結を目指し、交渉を加速化させることで合意している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。