Go to Contents Go to Navigation

今年の成長率見通し2.8%に下方修正 輸出大幅減=韓国

記事一覧 2016.06.28 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が今年の経済成長率見通しを3.1%から2.8%に引き下げた。

企画財政部は28日、下半期の経済政策方向を発表した。経済成長率見通しを修正したほか、今年の就職者増加幅を2009年以来の低水準となる30万人と予想し、輸出は2.1%増から4.7%減へと大幅に下方修正した。

 上半期には個別消費税の引き下げ、臨時休日(5月6日)などの政策効果があったが、下半期は個別消費税の引き下げ終了、構造改革の本格化など悪材料が多いと判断した。

 輸出もまた、英国の欧州連合(EU)離脱、主力品目の競争力低下などで期待に及ばずにいる。

 最近の景気改善については政策効果に大きく依存したものと指摘。輸出不振が投資低迷などを招き、民間経済の活力が低下したと分析した。

 企画財政部は下半期に追加補正予算など20兆ウォン(約1兆7260億円)規模の財政出動を通じ、景気てこ入れを図る計画だ。

◇見通し軒並み下方修正

 政府は経常利益の成長率見通しも4.5%から4.0%に引き下げた。

 今年の民間消費は2.2%増加するものの、設備投資は前年の5.3%増から今年は0.3%増に急減し、事実上足踏み状態になると見通した。ただ、建設投資は5.6%増、知的財産投資は1.8%増を記録すると予想した。

 今年の就業者数増加幅は、生産可能人口の伸び鈍化、輸出不振・企業の構造調整の影響などで前年(34万人)を下回る30万人前後になると見通した。昨年末の見通しより約5万人減ったもので、09年以来の低水準となる。

 失業率は3.5%から3.7%に悪化、雇用率(15~64歳)も0.2ポイント減の66.1%になると予想した。失業率は2010年(3.7%)以来の高水準となる。

 今年の輸出(通関ベース)は4.7%減少し、前年(8.0%減)に続き、2年連続でマイナスを記録すると予想した。

 政府は当初、今年の輸出が2.1%増加すると見通したが、英国のEU離脱が決まってから欧州貿易の低迷の可能性が浮上し、中国など新興国の輸入需要鈍化なども続きそうなことから、マイナス成長になると見通した。

 輸入もまた、当初2.6%増えると予想したが、6.0%減に修正した。

 今年の経常収支は980億ドル(約9兆9857億円)の黒字となり、前年(1059億ドルの黒字)を大幅に下回ると予想した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。