Go to Contents Go to Navigation

韓国空軍 あすサイバー防衛センター創設

記事一覧 2016.06.30 16:29

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍は30日、サイバー安保業務を総括する「サイバー防衛センター」を7月1日に創設すると発表した。

 これまで各部隊に分散していたサイバー防衛部署を統合する。24時間体制でネットワークを監視しハッキングを防ぐ。軍事情報流出防止のための保護システムを用いるという。

 ハッキングが発生した場合、原因を分析、除去し速やかなシステム復旧を図る。

 最新のサイバー攻撃を研究し空軍のネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性を補うとともに、サイバー防衛と関連技術に関し独自の情報保護システムを開発する計画だ。

 空軍は「最近、国家基盤施設を狙ったサイバーテロの脅威が高まり、防衛産業企業や軍のネットワークへのハッキングが試みられている。敵対勢力によるサイバー攻撃のリスクに先制対応する能力を強化するため専門組織を新設することになった」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。