Go to Contents Go to Navigation

LINE 株式公開価格の仮条件を引き上げ

記事一覧 2016.07.04 19:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の検索サイト最大手NAVER(ネイバー)の100%子会社で無料対話アプリを手掛けるLINE(東京都渋谷区)は4日、株式の公開価格の仮条件を1株当たり2900~3300円に変更すると発表した。

 LINEは先月28日、株式公開価格の仮条件を2700~3200円としていた。

 LINE関係者は「英国の欧州連合(EU)離脱問題の影響が落ち着き、日本の証券市場の雰囲気が改善した」として、「市場動向と投資家の反応などを総合的に考慮して引き上げた」と説明した。

 LINEの株式公開価格は11日に正式決定する。日本で1300万株、米国で2200万株を発行する。また、525万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う。

 LINEの東京証券取引所と米ニューヨーク証券取引所への上場予定日はそれぞれ現地時間の15日と14日。米通信社ブルームバーグは今回の上場による調達額は最大1328億円に上ると推計した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。