Go to Contents Go to Navigation

米の新迎撃ミサイル配備 時期・地域「決まってない」=韓国

記事一覧 2016.07.05 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は5日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備の時期と場所について、「決まっていない」と述べた。

 韓米両国は3月に共同実務団を構成し、THAAD配備の時期や地域、コストなどを検討している。両国はTHHADの韓国配備について「北朝鮮のミサイルから韓国と在韓米軍を守るため」との立場を表明しているが、中国やロシアは反発を続けている。

 文報道官は「(THAAD配備の)時期と配備地域はまだ決定しておらず、正式な説明があるまで報道を自粛するよう求めたい」と述べた。

 THAADの配備地域をめぐっては、慶尚北道の漆谷、忠清北道の陰城、京畿道の平沢などが候補地として挙がっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。