Go to Contents Go to Navigation

もがく韓国 働き続ける60歳以上・仕事ない20代

記事一覧 2016.07.20 11:22

【世宗聯合ニュース】韓国で4~6月期に60歳以上の就業者数が20代の就業者数を上回ったことが20日、分かった。1955~1963年生まれのベビーブーム世代を含む60歳以上が老後の生活のために働きに出る一方、景気低迷で企業が新規採用に消極的になっていることから20代の就業者数は伸び悩んでいる。

 統計庁によると、4~6月期の60歳以上の就業者は398万2000人だった。20代の就業者(378万6000人)を上回る。

 60歳以上の就業者は2014年4~6月期に364万3000人と、初めて20代の就業者(361万4000人)を超えた後、下回ったり、上回ったりを繰り返してきた。

 こうした現象は、まず人口構造の影響が挙げられる。今年4~6月期の60歳以上の人口は980万9000人で、1年前に比べ47万人増加した。20代の人口は642万1000人で、同5万2900人増にとどまった。そのため、就業者数の増加幅も60歳以上が18万9000人で、20代の8万9300人の2倍以上となった。

 最近は景気の減速と福祉の不備も響いていると指摘される。企業は新規採用を減らそうとしており、若者が勤め先を見つけにくくなっている。 

 60歳以上の場合は、雇用の質が劣る非正規雇用や宿泊・卸小売業を中心に就業者が増えた。統計庁によると、3月に60歳以上の非正規雇用の労働者は1年前に比べ12.3%増加した。これに対し20代は2.5%の小幅増にとどまる。

 一方、韓国政府は4月に若年就業対策を発表。中小企業に就職した若者が一定額を貯蓄すれば、政府と会社の支援金を足して2年間で最大1200万ウォン(約110万円)の資産を形成できるようサポートしている。

 これに関し韓国労働研究院のチョン・ソンミ専門委員は、「20代は高学歴者が多い上、中小企業の雇用の質が低すぎるため、ミスマッチが起きている」と指摘する。中小企業が雇用の質を引き上げない限り、対策を打ち出しても実効性に欠けるという。

 高齢層のための就業対策も特にない。漢陽大のキム・グァンソク兼任教授は高齢層の就業について、「公共労働事業を拡大し、高齢者が第二の人生を歩むための懸け橋となる職を設けるべきだ」と提言した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。