Go to Contents Go to Navigation

THAAD配備 韓国人の利害に配慮=ホワイトハウス

記事一覧 2016.07.22 10:26

【ワシントン聯合ニュース】アーネスト米大統領報道官は21日(米東部時間)の記者会見で、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国南部、慶尚北道・星州への配備について地元住民らが反対していることに絡み、「韓国人の利害に合致する方向で進めることを希望する」と述べた。韓国政府と引き続き緊密に協議し、対話を進展させていく意向を示した。

 同報道官は、THAADは北朝鮮のミサイルの脅威から韓米の同盟を保護するための最先端の弾道ミサイル防衛システムだと説明。星州の住民を中心に強い反発や論争が起きていることに関しても、米国としては同盟国の韓国の安全と安全保障に寄与しようとするものだと強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。