Go to Contents Go to Navigation

THAADで神経戦か 会議であいさつ交わさず=韓中外相

記事一覧 2016.07.26 14:05

【ビエンチャン聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備をめぐって関係がぎくしゃくしている韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と中国の王毅外相が26日、ラオスの首都ビエンチャンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)外相会議に出席した。

 両氏は会議であいさつも交わさなかったという。

 両氏は24日、同地で会談を行ったばかり。会談で王外相は「最近の韓国の行動は双方の信頼を損ねた。残念に思う」と表明し、事実上、THAADの配備を中止するよう求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。