Go to Contents Go to Navigation

朝鮮通信使の船 初めて実物大で復元へ=韓国研究所

記事一覧 2016.07.27 15:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の国立海洋文化財研究所は27日、朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節、朝鮮通信使が乗った朝鮮通信使船を実物大で復元すると発表した。

 朝鮮通信使船が実物大で復元されるのは初めて。朝鮮王朝時代の文献、国立海洋博物館や日本の美術館などの資料に基づき2018年までに復元する計画だ。

 船の大きさは全長34メートル、幅9.5メートル、高さ3メートルで、「韓船」と呼ばれる韓国の伝統的な船のように底が平らな平底船だ。9月までに設計を終え、来年から本格的な復元作業に取り掛かる。

 同研究所の関係者は「朝鮮通信使船は船首と船尾がせり上がっており、船室が多いのが特徴だ」と説明した。

 朝鮮通信使は江戸幕府の要請で1607~1811年の間に12回にわたり日本に派遣された使節団。役人や通訳官、医師ら400~500人に上る規模で、6隻の船で日本に渡った。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。